ベトナム進出方法の解説

はじめに

2020年のベトナムの一人当たりGDPは32万円に到達していて、2024年には45万円に増加するとされています。ベトナムの一人当たりGDPは、2010年からの11年でおよそ2倍にもなっています。
GDP国民所得が増加しているベトナムは、モノを売る市場として外資系企業から注目を集めています。しかし、もちろんですがベトナムならではの壁もあります。
今回は、ベトナムでのモノの販売方法について考えていきましょう。

ベトナムでのモノの販売場所

ベトナムには、大きく分けて3つのモノの販売場所(流通形態)があります。
一つ目は「伝統的な販売場所」です。具体的には個人経営の商店や、市場(いちば)です。個人商店の方は、ベトナムの街中で多く見られる小さな路面店がほとんどです。市場の方は、観光地として知名度が高い「ベンタイン市場」等が良い例です。
二つ目は「現代的な販売場所」です。例えば、コンビニやスーパーマーケットを指します。ベトナムではこのようなお店が増加していて、着実に利用者が増えています。空調の効いた快適な空間で、清潔なモノを買う需要がベトナムでは高まっています。
三つ目は「EC」です。オンラインショッピングのことです。これも現代的ではありますが、実店舗の運営とは異なる部分が非常に多いですので、別で考えた方が良いと思います。

ベトナムでモノを売る方策

まずは「マッチングイベント」が挙げられます。民間の会社が実施するものもありますが、日本政府が実施するものもあります。日本貿易振興機関(JETRO)が様々な形式で実施しています。

直接自分でパートナーと協業する方法もあります。製造分野ではOEM製造なども可能です。販売については、最近はベトナムインフルエンサーと協業するやり方が注目を集めています。

マーケティングの方法としてはやはり、ベトナム人の特徴をしっかりと掴み、ローカライズすることが肝要です。食習慣の違いや子どもへの投資、美容意識向上など、ベトナムにも多くのトレンドがあるのです。

vietbiz.jp

ベトナムのTTとMT

はじめに

小売業に関して、「トラディショナルトレード(TT)」と「モダントレード(MT)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。非常に簡単に言ってしまえば、「昔の販売方法」と「今風の販売方法」です。日本はTTが約2割、MTが約8割とされています。一方で、今回紹介するベトナムでは、この割合はちょうど逆になっており、約8割がTTとなっています。

今回は、ベトナムのTTとMTの現状について紹介していきます。

ベトナムのトラディショナルトレード(TT)

ベトナムでは、公設市場とパパママショップ(個人商店)が非常に多く見られます。
市場の方は、観光地にもなっているベンタイン市場等が有名ですね。ベトナムでは「坊」という行政区分ごとに市場を設けることが決まっていますので、ベンタイン市場は観光地ですが、行政上はベンタイン坊に設置された通常の公設市場でしかありません。

パパママショップの方は、ベトナムの街中のありとあらゆる所で見られる小さな小売店です。食品や日用品を中心に、定番商品を取り揃えています。街のどこにでもある点や、バイクから降りずに買い物できる点で、未だに主流の小売形態です。ただ、モダントレードの浸透で、トラディショナルトレードの割合は低下していると言われています。

ベトナムのモダントレード(MT)

ベトナムではコンビニやスーパー、ショッピングモールなど、現代的な小売店が増えてきています。小売市場でのシェアはまだ2割程度ですが、今後かなり高い確率で割合が増加していくと考えられています。
ベトナム人の衛生意識は年々向上していると言われています。近年では、新型コロナ流行の影響も大きいです。そのため、清潔かつ冷房が効いた店内できちんと包装された食品を買うということに、価値を見出すベトナム人が増えつつあります。

また、ベトナムではEC(電子商取引)の需要も伸びつつあります。

まとめ

ベトナムではトラディショナルトレードが未だ主流ですが、今後は徐々にモダントレードが伸びていく見通しです。ECも伸びているので、今後のベトナムの小売業界の様相はより複雑になっていくでしょう。

ベトナム人女性について│美の価値観や特徴

 

はじめに

ベトナムには美人が多い」とよく言われていると思います。
今回は、何故ベトナムに美人が多いのかというところと、ベトナム人女性が抱く美の価値観を解説・考察していきます。

ベトナム人女性の特徴

もちろん例外もありますが、ベトナム人女性は概して明るく良く笑う人が多く、家庭的で世話上手な人が多いです。男性よりも積極的に働き、強くたくましい女性も多くいます。

これはベトナムに限った話ではありませんが、最近のベトナムでは美意識が高く、新しいコスメを漏れなくチェックしたり、体型を維持するために厳しい健康管理をしたりする女性が増加しています。喫煙女性は少ないです。

女性に限らず、最近のベトナムでは生活水準の向上に伴って高身長な人やグラマーな人が増加しています。
また、家族や家庭を大切にする傾向が強いです。ベトナムでは女性の社会進出が日本より進んでおり、若い女性管理職などは多くいます。一方で、家事は女性がやる傾向も残っています。忙しくても、家族、親せきや子どものことを最優先するベトナム人は多くいます。

ベトナム人に美人が多い理由

ベトナム人女性に美人が多い理由は、大きく分けて3つあると考えられます。

歴史的背景

ベトナムは幾度に渡る戦争を経験しています。その結果、フランスやアメリカなどアジア以外の国の血を持つ人は今でも一定数います。そのため、アジア的な美と欧米的な美が合わさり、独特の美しさがあると言われています。

美意識の変化

先ほど述べた美意識の向上も理由の一つです。ベトナム以外の国にも当てはまりますが、ベトナムは国民の美意識が年々向上している国の一つです。ベトナム人の支出のうち、美容や健康に割く割合が年々上昇しているのです。
また、SNSの普及で、韓流アイドルや女優の情報が手に入りやすくなっていることも関係があると考えられます。

ベトナム料理

ベトナムの食文化も、ベトナムに美人が多い理由の一つであると言えます。日本でも最近人気のベトナム料理は、雑に言ってしまえばヘルシーなものが多いです。主食は米ですが、油を多く使うような料理は比較的少なく、また多くの料理で複数種のスパイスや香草を使用します。ベトナムは太っている人が少ない国と言われていましたが、それはベトナム料理のおかげではないでしょうか。実際に、最近のベトナムではファストフードはじめ食の選択肢が多くなっていて、太っている人も多くなっています。

まとめ

今回はベトナム人女性について紹介しました。日本でも接点が増えてきていると思いますので、もちろん全員ではないですが、今回のコラムのことを頭に入れておくと円滑に関係を築けるかもしれません。

ベトナムの建設業界について

はじめに

ベトナムの建設業は、今後のベトナムで最も高い成長率が予測される産業の一つです。既に日本のゼネコン・建設会社の参入も見られます。

このコラムでは、ベトナムの建設業界について紹介していきます。

建設業界の動向

ベトナムの民間建設工事の市場規模は、2015年時点では約70億ドルで、2021年時点ではこの2倍を超えると言われています。

ベトナムは、今年、遅くとも来年には人口が1億人を突破すると言われています。加えて、ベトナムでは都市に住む人口もコロナ禍に関わらず増加しています。

実際の街並みを見ても、都市部では新しいマンションやオフィスビル等、現代的な建物が多く建設されています。一方で、地方でも高速道路などのインフラ設備の建設が見られます。

ベトナムの建設市場は、このように成長する要素を多く抱えています。

ベトナムのゼネコン

ベトナムには、スーパーゼネコンと呼べる企業は2社しかありません。Coteccons Group とHoa Binh Groupの2社だけです。

両者の最大の違いは経営状況です。コテコンズグループは、ベトナムで唯一の無借金経営を貫く会社です。東南アジアで最も高い、ホーチミン市の「ランドマーク81」を手掛けたことで知られます。一方で近年、主要株主間で派閥争いが勃発したようで、今後に注目です。

ホアビングループの方は、長年に渡って多くの借金を抱えている企業です。代表的なプロジェクトとしては、カントー国際空港の旅客ターミナルなどがあります。

ベトナムには、ゼネコン以外にも多くの専門建設会社があります。

まとめ

ベトナムの建設業界には既に日本企業が多く参入していて、市場が成熟しきっているように見えるかもしれません。一方で、経済回復のための新しい空港や高速道路等が計画されています。また、カーボンニュートラルを達成するための発電施設等インフラ分野を始めとした先進的な領域には、まだ参入余地があります。

 

ベトナムのプラスチック市場について

はじめに

ベトナムでは人口が増加しているので、当然プラスチックの消費量も増加している。これと同時に、ベトナムでは都市化・工業化も進行しており、人々のライフスタイルが変化している。プラスチックといっても、ストローのような一般人が普通に消費するものだけでなく、建設用やエンジニアリング用といったものもあるので、ベトナムのプラスチック消費量は人口増分以上に増加していくと考えられる。

市場規模

2020年のベトナムのプラスチック市場規模は、約200億ドルであった。プラスチックを種類別に見ると、最も消費量が多いのは「包装用」であるが、割合は徐々に縮小している。代わりに、今後は先述した「建設用」と「エンジニアリング用」が増加していくと予想されている。

包装用の割合が低下していくのは、レジ袋の有料化や紙ストローの推奨に見られる世界的な環境保全運動が考えられる。一方で、建設用やエンプラはこのような運動の対象にはなりづらい現状もある。加えて、ベトナムでは都市人口比率(都市部に住む人口の割合)がコロナ禍でも上昇し続けており、新しいマンションやビルが多く建設されている。建設用プラスチックの消費割合が増加するのにはこのような背景がある。

市場の課題➀:原材料の調達が輸入頼り

ベトナムでは国内で十分な量と種類のプラスチック原材料を製造できていない。具体的には、ベトナム国内で製造できる原材料は4種類だが、国内で使用される原材料は30種類を超える。
原材料の主な輸入先としては、韓国、台湾、サウジアラビアが挙げられる。

市場の課題➁:国内の原材料工場が南部に集中

ベトナム国内の原油精製工場(原材料の製造工場)は南部に集中している。中部と北部には、それぞれ1カ所ずつしか存在しない。
そのため、北中部の企業が原材料を入手するのは困難である。

まとめ

ベトナムでは今後、建設用プラスチックとエンジニアリング用プラスチックを中心に、プラスチックの消費量が増加していく見込みである。
市場規模が拡大していき、ビジネスチャンスも多そうなベトナムのプラスチック市場だが、課題が大きく2つ挙げられる。1つ目は原材料の調達を輸入に依存していること、2つ目は国内生産の原材料が南部に集中していることである。この原材料に関する課題をいかに解決するかが、今後の発展の鍵となるだろう。

 

onevalue.jp

vietbiz.jp

ベトナムの平均賃金・人件費解説

ベトナムの平均賃金・人件費解説

はじめに

ベトナム統計総局が2020年に行った調査では、ベトナムの平均月収は約2万1千円である。10年前の約6500円と比べて3倍以上にはなり、経済発展が覗える。しかし、日本の平均賃金の役36万円とは15倍以上の差があり、日本での就労を望むベトナム人は多い。

アジアにおいてのベトナムの人件費

JETROの調査によると日系製造業における現地従業員の賃金は、中国が531ドル、タイが447ドル、インドネシアが360ドルであり、ベトナムは250ドルと圧倒的に少ない。進出先、製造拠点としては魅力的であるといえる。

都市部での給料増加

ハノイ市、ホーチミン市、ダナン市などの各都市では給料が高くなっている。ハノイ市では約3万1千円、ホーチミン市では3万2千円、ダナン市では2万6千円である。これらは農業や工場員の仕事からITエンジニア、金融などのホワイトカラーに就く人が増えたためである。ただ、農村部では依然と低くなっており、高収入を求めて海外に行く人も多い。

トップはビンズオン省

2020年の調査によると、平均賃金が高い省は首都やホーチミン市を抑えてビンズオン省であった。ビンズオン省ホーチミン市のすぐ隣にあり、240万人ほどの人口である。海外投資に積極的な呼びかけをしていることから多くの日系企業の工場もある。また、東急電鉄が現地ゼネコンとの合併社を作り、新都市を開発していることも知られている。人口が過密しているホーチミン市ベッドタウンになることが期待される。

まとめ

経済発展に伴って平均賃金は高くなったものの、アジア諸国と比べたらまだまだ低い水準である。今後もベトナムへ進出する日本企業や日本へ出稼ぎに来るベトナム人材が多くなると思われる。また、都市部以外の地域の経済発展にも注目である。

最後に

今回はベトナムの平均給料、人件費について解説した。

詳しくはこちらの記事を参考にしていただきたい。

【ベトナム人材徹底解説】ベトナムの平均賃金・人件費はいくら? | VietBiz(ベトビズ)

onevalue.jp

店長必見!ベトナム人を採用する際のポイント解説!

店長必見!ベトナム人を採用する際のポイント解説!

はじめに

最近、日本の飲食店で働いているベトナム人をよく見かけることだろう。日本で働く外国人材の中でも最も多いのがベトナム人である。その数は年々増えており、これからも増え続ける見込みである。そのため店長などの雇う側もベトナム人についてしっかり留意しておく必要がある。今回はベトナム人材を採用する際の利点や注意点について解説する。

人材不足や若い人材の確保

少子高齢化の日本では若い人材は貴重だといえる。今後を担う人材の確保は不可欠である。また、ベトナムでは多くの若者が日本での労働を希望している。

新たなビジネスの可能性

ベトナム人材の加入により、ベトナム語および現地のネットワークを活用できるようになる。ベトナムに進出しやすくなるといえる。

言語のハードルがある

一生懸命日本語を勉強しているものの、母国語と比べたら見劣るケースがある。中にはビジネスレベルの日本語能力がある人もいるが、会話の際にすれ違いが生まれることもある。

文化の相違からトラブルへ

日本での常識がベトナムでの常識とは限らない。規則やルールを柔軟に対応してもらうことが必須となる。また、それ以外の「暗黙の了解」はしっかりと伝えないといけない。大きなトラブルに発展する可能性もある。

在留資格の手続き

外国人の受け入れには出入館管理局への手続きが幾度か必須となる。外国人材に慣れていない会社の場合は労力コストが大きくなることもある。「この書類はこう書くべき」というルールが存在する。そのため外国人材のプロに相談することをお勧めする。

大事なことは書面で伝える

日本語を口頭で聞いても理解できるとは限らない。口頭に加えて、文書で伝える必要がある。文章であればわからない日本語も調べやすいためである。

まとめ

ベトナム人材は真面目で優秀と言われている。これからも増えてくるベトナム人材を採用することで社内の流れが良くなるかもしれない。ただ、国が違えば文化や言語の壁が生じてくるため、しっかりと留意しておくべきである。

最後に

今回はベトナム人材を採用するメリットや注意点について解説した。

詳しくはこちらの記事を参考にしていただきたい。

優秀なベトナム人材を採用するには?採用メリット、留意点を解説 | VietBiz(ベトビズ)

 

onevalue.jp